bio

片桐 圭

Kei KATAGIRI

愛知県名古屋市出身。 立命館大学産業社会学部卒業。
ハウス食品、ボッシュにて営業とマーケティング職に従事。
その後写真の世界へ転身。 湯浅立志氏に師事し、2001年よりフリーランス。どんな被写体であれ、イメージを具現化していく撮影のプロセスそのものを楽しんで現場に臨んでいる。
そのため撮影ジャンルは多岐に渡るが、人物、料理写真を依頼されることが多い。
2015年合同会社リンガフランカ設立。

  • 日本広告写真家協会(APA)正会員
  • ◎ 受賞歴 フランク・ミュラーアートコンテスト「創造ノ天才」 小山薫堂賞
    ◎ 個展 「燃え尽きないファイター」 2007年11月 バニラビーンズギャラリー
    ◎ グループ展 「Hello,Monochrome2」2008年2月 ZAIM /「Hello,Monochrome3」 2009年2月 ZAIM
小池 彩子

Ayako KOIKE

栃木県出身。神奈川大学英語英文学科卒業。
翻訳業、特許事務業に携わっていたが、2005年に出会ったワークショップで写真と恋に落ちる。
2013年よりフリーランス。ストーリー性のあるポートレート撮影を得意とし、プライベートでも精力的に作品作りを行う。
2015年末に訪れたキューバに魅了され、以降キューバにおける撮影をライフワークとすることを決意。
第一弾として、2017年10月にオリンパスギャラリー東京にて初個展を開催。
“共有言語”を増やすべく、英語だけに留まらず西語も勉強中。

  • ◎ グループ展 2013 “かたちあるもの展” / Roonee 247 fine arts /その他
    ◎ 入選者展 2012 “恋するGR” / RING CUBE*
    ◎ 個展 2017 “¡Vamos!” / オリンパスギャラリー東京
中田 浩資

Hiroshi NAKATA

徳島県徳島市出身。
97〜99年の北京滞在中、ロイター通信とストリンガー契約を結び、報道写真に携わる。
帰国後、会社員を経て2004年よりフリーランス。年間4ヶ月を、アジアを中心とした海外で過ごす。
アジアの列車旅をテーマに写真を撮り続ける一方で、旅と食をテーマにしたフォトエッセイを手がけるなど、雑誌、書籍等で活動中。
http://www.nakata-photo.jp

  • ◎ 個展 2011年「アジアンローカルライン」
    ◎ 新宿エプソンイメージングギャラリー エプサイト 2014年「アジアンローカルライン」
    ◎ グループ展 徳島市 阿波銀プラザ
    ◎ レクトヴァーソギャラリー 2012年「フォトグラファーの視点:光と瞬展」
  • ◎ 書籍 「ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行」(KADOKAWA)」
    ◎ 個展 「週末アジアでちょっと幸せ」(朝日新聞出版社)
    「鈍行列車のアジア旅」(双葉社)
    「撮り・旅!世界を撮り歩く旅人たち」(ダイヤモンド社)など
千葉 英里

Eri CHIBA

神奈川県出身・在住。フリーランスのライター&フォトグラファーとして今までに飲食店、企業、医院などへ500件近くの取材実績あり。グラフィックデザイン専攻の専門学校卒業。社会人になり写真を学んだ後に、地元タウン誌などでライターデビュー。
以降、飲食店や観光系取材をメインに撮影、執筆などに携わる。
撮影、執筆どちらも、しっかりとヒアリングした上で“クライアント様が求めているベストな形になるように”をモットーとしている。
趣味は食べ歩きと温泉、映画鑑賞など。https://www.spoonworks.net/
海老澤 芳辰

Yoshitatsu EBISAWA

茨城県出身。地元の茨城県にてに6年間公務員生活を送る。
その後、フォトグラファーを目指し MONKEY PHOTO に入社、森近真氏に師事。2008 年よりフリーランス。「いかなる状況でも最高のパフォーマンスを発揮する」をモットーに、ライヴ、建築、料理、ポートレート、商品撮影など、ジャンルを問わず幅広く撮影活動中。https://www.evisawa.net/
木村 雅章

Masabumi KIMURA

自身の住む街 西小山をテーマにしたfreepaper「24580」や東急電鉄沿線の商店街を紹介する「商店街写真館」、地域の文化歴史を紹介する文化庁「日本遺産」事業や機内誌での撮影、街を歩きながらダンサーとミュージシャンによるライブとの出会いを楽しむランドフェス、障がい児の交流イベントや養護学校の撮影など、幅広いジャンルで活動中。

また鯖好きが昂じて全日本さば連合会の結成に参加。『サバが好き!~ 旨すぎる国民的青魚のすべて~』(山と渓谷社)で全国の鯖スポットを撮影。http://kimura-masabumi.tumblr.com/
磯村 拓也

Takuya ISOMURA

1984年生まれ。静岡県沼津市出身。東京工芸大学芸術学部卒業
2018年よりパフォーミング・アーツ等の記録撮影を中心として、「LAND FES vol.12 PARADISE AIR」(2020年)、「ながめくらしつ連続公演『…の手触り』」(2020年)、「Scale Laboratory 空中音楽会」(2019年)、「熱海未来音楽祭2019」(2019年)、「ENGI-MON in Prague Quadrennial 2019」(2019年)、「Cliff Edge Project 水のかたりべ」(2018年)がある。
http://iromono-lab.com/
渡邊 計司

Keishi WATANABE

インディーズバンド活動の傍ら数々の仕事を経験し、DTP の世界に入る。 会社員時代、人間の行動を主体とする感性科学・価値創造マーケティングを学び、実践。

社内イベントなどでの映像創りをきっかけに映像の企画・編集・制作業務を開始。
2003 年退社後、ドロップクリエイション・インコーポレイテッド設立。

主にビジネス本著者などの講演およびセミナー、オープニング映像、記録、教材制作などを手掛ける。 2010 年よりフリーランスとして、DTP デザイン、WEB デザイン、映像撮影制作とマルチに活動中。
佐々木 辰生

Tatsuo SASAKI

北海道出身。フォトグラファーを志し上京、都心のスタジオに勤め、実戦の中で技術を学ぶ。
大判カメラを使用したフィルム時代から、商品、人物、建築など多岐にわたる撮影を手掛ける。

1997 年よりフリーランス。長年の経験と技術をいかし、VR やタイムラプス、動画など新しいデジタル映像表現を取り入れている。
環境に応じた適切なライティングを選択し、クライアントのイメージを捉えた撮影を行う。
大島 万由子

Mayuko OSHIMA

福岡県出身。日本女子大学家政学部食物学科卒業。 ブライダルをメインとしたスタジオに勤務し、基礎的なスタジオポートレートからロケーションライティ ングを学ぶ。

2004 年よりフリーランス。ジャンルを問わずスチル撮影を手掛け、その場の空気を切り取った雰囲気ある写真が得意。動画では臨場感溢れるシナリオを制作する。
趣味はミシンとお菓子作り。パン酵母育成中。